私の職場で急に退職する人が出て、送別会の会費や贈り物のお金がどうしても用意できなかったので、はじめて消費者金融でお金を借りてみたんです。
とにかく急ぎでお金が必要だったのですが、金利がかかるのは嫌だったのであれこれ調べて、結局プロミスでその日のうちに借りられました!
プロミスはスマホでお金が借りられますし、在籍確認の電話も書類でOKにしてくれて、本当に助かりました!
無料利息期間のおかげで金利0円だったのも大きいです。
給料の日に間に合ったので金利もかからず、おかげで損をせずにお金を借りられました!

そんな感じで、なぜかお金を借りたいときって、いつも急ぎで必要なときばかりですよね。。
そんなとき、プロミス以外に急ぎで借りられるところは他にもあるのでしょうか?
そこで今回は、とにかく急ぎでお金を借りたい人におすすめの方法をご紹介します!

急ぎでお金を借りられる、おすすめキャッシング


「はじめてのアコム♪」というTVCMでもお馴染み。安心の三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融が『アコム』です。
→ 詳細はこちらへ

プロミス
『WEB完結』で最短1時間で借入できる!スマホで申し込んでコンビニATMで出金!30日間無利息がうれしい!CMでお馴染みのプロミス。人気です!
→ 詳細はこちらへ

急なお金の作り方:急ぎでお金を借りるならどこがいいの?

急ぎでお金を借りるならどこが良いのでしょうか?
急なお金の作り方には、即日融資が最も得意な消費者金融のカードローンが一番です。
消費者金融には30日間無料利息期間というものがあります。
銀行の融資制度や銀行系カードローンはたしかに金利は低めですが、審査が厳しかったり、無利息サービスが基本的にありません。
ですので、即日でお金を借りるなら消費者金融が一番なのです。

お金を借りるとき急ぎなら24時間申し込みできる消費者金融!ユーザー厳選6社はコレ!

ユーザー厳選の消費者金融 第1位


最安金利でネット完結☆女性オペレーター専用ダイアルも!

プロミス

おすすめ度:

  • 審査時間:最短30分
  • 自動契約機の営業時間:9:00〜22:00
  • ATM:7:00〜24:00(利用するATMによって変わります)
  • 21時までに申し込み完了すれば22時までの融資に間に合う!
おすすめポイント

プロミスは消費者金融の中でも、金利が最安!
(詳細は金利の項目でご説明しますが、見るべきは「最高金利の低さ」なのです)
審査通過率も高く、必要な書類もとても少ない!
ネットで申し込んでコンビニのATMなどで返せるなどの利便性もとても高いです。
そして男性でも使える女性専用ダイアルがあるのも嬉しいですね。
無料利息期間も借り入れた日からの適用になりますので、30日間たっぷり余裕があります。

↓ 今すぐ借りれて30日間金利0円 ↓

→ 女性オペレータのレディースプロミスはこちら
(男性でも利用できます)

ユーザー厳選の消費者金融 第2位


審査通過率は堂々の1位!

アコム

おすすめ度:

  • 審査時間:22時まで
  • 自動契約機の営業時間:8:00〜22:00
  • ATM:24時間OK
  • 21:00〜21:30頃までに申し込み完了すれば22時までの融資に間に合う!
おすすめポイント

アコムは審査通過率は堂々の第一位!
無料利息期間もありますが、プロミスと違って契約した日からカウントされますのでご注意ください。
でも融資の際に必要なものも少なくて済みます。
最低金利はプロミスよりも少ないので、高額を借り入れる際はありがたいですね。

↓ 最短1時間で融資可能です ↓

ユーザー厳選の消費者金融 第3位


電話連絡無しの完璧なネット完結!

モビット

おすすめ度:

  • 審査時間:最短30分
  • 自動契約機の営業時間:8:00〜22:00
  • ATM:24時間OK
  • 21:00〜21:30頃までに申し込み完了すれば22時までの融資に間に合う!
おすすめポイント

モビットは何と言っても電話連絡が一切ないのがメリットです。
最低金利も低いですね。
ただ、プロミスとアコムにある無料利息期間はありません。
また、融資の際に収入証明書類が必要な場合もあります。
審査通過率は公表されていませんので、正確な数値は不明です。
無料利息期間がなくても、会社に連絡は絶対されたくない人におすすめです。

↓ 電話連絡なしで借りれます ↓

h2 第4位:アイフル

・審査可能時間:9:00〜21:00
・自動契約機の営業時間:8:00〜22:00
・ネットから申し込みすれば即日融資もOK!(時間帯による)

h2 第5位:レイクALSA

・審査可能時間:最短15秒
・自動契約機の営業時間:平日、土曜:8:45~24:00/日曜、祝日:8:45~22:00
・ネットで最短1時間融資も!(時間帯による)

h2 第6位:J.Score(ジェイスコア)

・審査可能時間:最短30秒
・自動契約機:なし
・最短即日融資も!

h2 とにかく至急でお金を借りるなら銀行よりも大手消費者金融がおすすめな理由

「明日の朝イチで急用が・・!」
「公共料金の支払い忘れてた・・!」
こういった至急でお金を借りたい場合、銀行よりも消費者金融がおすすめです。
確かに、消費者金融に比べて銀行の方が金利が安いです。
しかし、銀行の超低金利な融資制度は、条件も審査も厳しく・・なかなか誰でも融資が受けられるとは限りません。
しかし、消費者金融はその日のうちに借りられる即日融資が得意ですし、銀行より審査通過率も高いです。
何より、初回限定の無料利息期間があります。今だけ借りて30日以内に返せば利息0円!
そんなことも可能なのが消費者金融なのです。

h3 一番オススメはプロミス

即日融資が得意な消費者金融にも、無料利息期間があるところはいくつもあります。
そんな中で、プロミスが一番おすすめなのはなぜなのでしょうか?
それは「どこよりも実質、30日間無料利息期間が長い」ことです。
他にも無料利息期間はありますが、カウントが始まるタイミングが違います。
アコムやアイフルは「契約が完了した翌日」からカウントが始まってしまいます。

しかし、プロミスは「お金を借りた日=借入日」からカウントが始まるのです。
つまり、アコムなどで契約をして数日たってからお金を借りたとしても、すでに無料利息期間は何日か過ぎてしまっているのです。
でも、プロミスなら契約した日から何日過ぎてしまっても大丈夫!
どこよりも無料利息期間が長い!
だからプロミスがおすすめなのです。

h3 土日祝でも急ぎでお金が必要なら消費者金融がはやい!

お金を借りたいとき、それがいつでも平日とは限らないですよね。。
むしろ、土日祝のほうが入り用だったりしますよね。
そんなとき銀行では、閉まっているので借りられません。
しかし、消費者金融カードローンなら土日祝でもスピーディーに借りられるのです。
とても利便性が高く、スピーディーにお金が借りられるのが消費者金融の特徴です。

h3 今すぐ即日でお金を借りるなら親や家族、友達よりも消費者金融

今すぐ即日でお金を借りたいとき、誰に頼りますか?
親?家族?友達?
どれもうまくいけば基本的に無利子で借りられますが、親や家族には頼りにくいですよね。
しかし、友達に借りれば関係がこじれる可能性があります。
なので、貸金専門業者の消費者金融がおすすめなのです。
たとえトラブルにはならなくても、家族や友達にお金を借りれば、あなたはお金にだらしない人という印象がついてしまいます。
こんな時は、気軽に利用できる消費者金融をうまく活用しましょう。

h3 消費者金融って怖いイメージがあるんですが。。

消費者金融ってすごく怖いイメージがある方もいますよね?
一昔前のドラマや漫画でもよくあった、こわい借金取りが日夜押しかけてくる・・そんな印象があるかもしれません。
でも、今はそういった無理な取り立ては法律でしっかり禁止されていますので、安心してください。
利用者はちゃんと法律で守られているのです。
それに、CMでよく見るプロミスなどの消費者金融は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行が親会社です。
銀行が法律に従って運営している会社ですので、とても安心ですね。

h2 銀行でお金を借りると金利は安いけど即日融資は出来ない・・

お金を借りようと思ったとき、消費者金融と銀行で悩んだかもしれません。
消費者金融よりも銀行の融資制度は金利がかなり低いですし、銀行カードローンも金利は低めです。
しかし、デメリットがあります。
それは銀行でお金を借りると数日〜1週間近く、下手をすると1ヶ月弱かかる場合もあるからです。
それに、金利が低いということは審査が厳しいということです。
その点も考慮すると、消費者金融のほうが審査が通る確率も高く、即日でお金を借りられるのでおすすめです。

h2 消費者金融のカードローンと銀行系カードローンの違いって何?

カードローンには消費者金融のカードローンと、銀行カードローンがあります。
この違いは何なのでしょうか?一覧にしてまとめてみました。

【消費者金融のカードローンの特徴】

・金利は高め
・即日融資が得意
・総量規制(年収の3分1までしか借りられない)の法律が適用される
・30日間の無料利息期間がある

【銀行系カードローンの特徴】

・金利は低め
・即日融資はできない
・総量規制(年収の3分1までしか借りられない)の法律は適用されない(銀行法のほうが適用されるため)
・30日間の無料利息期間はない

いかがでしょうか?
金利が低いことで有名な銀行ですが、それよりも消費者金融のほうが即日融資が得意で、無利息期間もあるのです。
他にも、在籍確認のときに銀行は銀行名を名乗りますが、消費者金融は、バレないように個人名しか名乗りません。
この辺のサポートもバッチリしてくれるのが消費者金融なのです。
ですので、急ぎで借りるならその日のうちに融資OKな消費者金融がベストです。

h2 急ぎで今日中にお金を借りるときの最速申込み方法!ポイントをおさえよう

「とにかく急ぎで借りたい!」
今日中にお金を借りるときにおさえておきたい、最速の申込み方法をご紹介します。
事前準備が大事ですので、しっかり把握しておきましょう。

h3 提出する書類には不備がないように準備

まず、提出する書類に不備がないようにしっかり準備しましょう。
必要な免許証なども準備し、書類にも記入漏れ、間違いがないか確認しましょう。
書類に間違いなどがあったとき、確認のために折返しの電話などで時間がかかってしまいます。
タイミングによっては即日融資の受付時間に間に合わなくなることもありますので、時間ロスをしないように準備は入念にしておきましょう。

h3 即日で融資希望なら午前中までの申し込みが確実!

その日のうちにお金を借りたいなら、午前中までに申し込みが完了すれば確実です。
できればその日の朝イチから取り掛かりたいところですね。
午後になってしまっても、貸してくれる所によっては14時くらいまでならぎりぎり即日融資に間に合う可能性があります。
しっかり時間も確認しておきましょう。

h3 日中〜深夜なら自動契約機もおすすめ

日中から深夜にどうしても即日お金を借りたいなら、消費者金融の自動契約機がおすすめです。
一番遅いところで22時まで営業していますので、どんなに遅くても21時30分までには申し込みを完了しておけば、ぎりぎり融資に間に合う可能性はあります。
(審査には最短30分はかかるとみておきましょう)
あまりぎりぎりになりすぎないように、余裕を持って自動契約機に向かうのがおすすめです。

h2 消費者金融の審査について知っておこう

即日でお金を借りる前に、消費者金融の審査について知っておきましょう。

h3 消費者金融の即日振込の最終受付時間

その場でお金を受け取りたいなら、自動契約機やATMなどローンカードでお金を借りることができますよね。
しかし、そこまで行くのが面倒。。
そんな時は振込なら、外に出ずともお金を指定の口座で受け取れます。
では、振込で即日お金を借りたいときの最終受付時間はいつまでなのでしょうか?
まとめてみました。

・プロミス:平日14:50まで(ジャパンネット銀行、三井住友銀行口座なら24時間OK)
・アコム:平日14:30まで(ゆうちょ銀行なら14時、楽天の口座なら24時間OK)
・アイフル:平日14:00まで
・SMBCモビット:平日14:50まで
・レイクALSA:平日14:00まで

プロミスとモビットが一番遅い時間まで受付可能ですね。
どれも14時台までに申し込みできれば即日融資も可能ですが、余裕を持って午前中のうちに完了できれば確実ですね。

h3 今すぐお金を借りるなら何時までに申し込みすれば間に合う?

今すぐお金を借りたいときは、何時までに申し込みをすれば間に合うのでしょうか?
振込で即日融資をして欲しい時は、午前中ならOK。
午後を過ぎても14時台までなら間に合う可能性はあります。
自動契約機なら、一番遅い時間は22時最終です。
審査時間に最短30分はかかるとしても、21時30分までには全ての申し込みを完了しておければ、ギリギリ間に合う可能性はありますね。
しかし、地域や自動契約機の場所によっても最終営業日の受付時間が1時間はやいところもあります。
事前にチェックしておきましょう。

h3 即日でお金を借りるのに必要なものはこれ!

即日でお金を借りるのに必要なものは何でしょうか?
まず、本人確認書類の運転免許証があれば確実です。
なければ健康保険証などでも大丈夫ですので、必要書類項目をしっかり確認しましょう。
また、50万円以上の希望額でなければ必要ないことのほうが多いのですが、審査によっては収入証明書類が必要になってくる場合もあります。
源泉徴収票や、給与明細書なども準備しておきましょう。

h3 郵送物なしって出来るの?

家族バレを防ぐためにも、郵送物なしのほうが絶対良いですよね。
もちろん、ほとんどのところが郵送物なしに出来ます。
ネット完結タイプの契約は基本的に、郵送物なしです。
利用明細書もネットで見られる設定にすればばっちり!

また、WEB完結ではない通常の契約でも確実なのは、本契約を自動契約機でおこなうことです。
そうすると契約書も、ローンカードもその場で受け取れます。
後日、ローンカードが自宅に郵送されるタイプもありますので、自動契約機で契約するか、カードレス(ローンカードのないタイプ)の契約にするなど、あらゆる方法で郵送物なしに出来ます。

h3 在籍確認ってどうなるの?

在籍確認の電話は基本的に、モビット以外はあります。
自動契約機から契約しても、その場で在籍確認はおこなわれますので、事前に「新規のクレジットカードを作るから在籍確認の電話があるかもしれない」と職場に伝えておきましょう。
しかし、プロミスやアコム、アイフルでも、審査によっては書類の提出で在籍確認の電話をなしにしてくれることもあります。
オペレーターさんに相談する価値はありますので、どうしても電話は困る方は相談してみましょう。

ちなみに、銀行だと銀行名を名乗りますが、消費者金融は会社名を名乗らずに、ばれないように全面協力してくれます。(嘘をつくなどはできません)
また、モビットだけは在籍確認の電話はなしです。
しかし、30日間の無料利息期間はありませんので、それでもOKな方はモビットに申し込みましょう。

h3 アルバイトやパート、派遣社員でもお金は借りれる!

急ぎでお金を借りたいとき、アルバイトやパート、派遣社員でもお金は借りられます!
ただし、20歳以上で毎月収入がある方のみです。
数万円〜10万円程度の少額でも大丈夫です。
大事なのは毎月安定した収入があるかどうかがポイントです。
もちろん、契約社員の方も同様に借りられます。
ですが、派遣社員の方は派遣登録しただけでまだ働いていない方は難しいと思っておきましょう。
初のお給料はまだでも、現在しっかり働いていれば審査通過の可能性はあります。

h2 消費者金融の無料利息期間のキャンペーンって何?

消費者金融には、銀行カードローンにはない無料利息期間というものがあります。
この無料利息期間キャンペーンとは何なのか見ていきましょう。

h3 消費者金融には30日間の無利息サービスがあるところも!

大手ですと、モビット以外の消費者金融、プロミスやアコム、アイフルなどにはすべて無料利息期間というものがあります。
これは、はじめてそこでキャッシングする方限定のサービスで、30日間金利0円というものです。
つまり、30日以内に返済すれば1円の利息も発生しないとてもオトクな初回限定サービスなのです。

h3 無利息キャンペーンで気をつけておきたいこと

この便利な30日間無利息キャンペーンですが、1つ気をつけておきたいことがあります。
それは無料利息期間のはじまりが、業者によって違うことです。
厳密に言えば、30日間きっちり無料利息期間があるのはプロミスのみです。
プロミスは、お金を借りた日の翌日から無料利息期間がスタートします。
しかし、アコムやアイフルは契約した日の翌日からいきなりカウントが始まってしまうのです。
つまり、無料利息期間が、実質一番長いのはプロミスだけなのです!

h2 急ぎでお金を借りる前に「金利」についてしっかり理解しておこう

急ぎでお金を借りる前に!あわてずに先に金利についてしっかり理解しておきましょう。
面倒くさいと思うかもしれませんが、返済金額にかかわってくる大事な手数料のことになります。

h3 消費者金融の金利ってどのくらい?

消費者金融の金利はどのくらいなのでしょうか?
基本的に、18.0%のところがほとんどです。
しかし、プロミスだけは17.8%と大手消費者金融の中では一番低いのです。

h3 銀行でお金を借りるなら金利はどのくらいなの?

銀行でお金を借りる場合はどうなのでしょうか?
銀行の融資制度ですと、約2.0〜4.0%程度とかなりの低金利です。
銀行系カードローンですと、14.5%がおよその平均金利です。
どちらも消費者金融に比べると、低めですね。
しかし、金利が低くなるとその分審査が厳しくなります。
誰でも低金利で借りられるというわけではないことを覚えておきましょう。

h2 出来るだけ利息を少なくする方法

利息か・・もったいないな。。と思うのは当然ですね。
では、できるだけ利息を少なくする方法はあるのでしょうか?
方法は2つあります。

「30日以内に返済できるなら、消費者金融の30日間の無料利息期間サービスを利用する」

「30日以上返済に掛かりそうなら、比較的低金利の銀行カードローンを利用する」

しかし、銀行系カードローンは即日融資は基本的にどこも不可能です。
基本的に2〜3日から1週間くらいかかることもあります。
そのため、急ぎで借りたいなら、即日融資が得意でサポートも整っている消費者金融で借りるのがおすすめです。
何よりも30日以内に返済すれば、低金利どころか利息0円で借りられます。

h3 借り入れ期間を短くすること

利息を少なくするには、借入期間を短くすることも有効です。
長くなればなるほど利息を払わなければいけなくなってしまいますので、借入期間を短くすることもポイントです。

h3 まとめて返済すること

返済の際に、できるだけまとめて返すのもおすすめです。
また、余裕がある時は随時返済してどんどん完済までの期間を短くしましょう。
これも利息を少なくするコツです。

h2 急ぎでお金を借りる前に「総量規制」についても把握しておこう

急ぎでお金を借りる前に!「総量規制」という法律についても知っておきましょう。
この総量規制とは「年収の3分の1までしか借りられない」という法律で、消費者金融などの貸金業者に適用されます。
ですので、例えば無職の方や、専業主婦など年収のない方は消費者金融ではお金を借りられないのです。

ですが、銀行系カードローンは適用されません。
なぜなら銀行法のほうが適用されるので、この総量規制の法律に縛られないのです。

そもそも「総量規制」は何のためにあるのかと言うと、お金を借りる人の生活を守るためです。
この総量規制の法律がなかった時代は、多くの方が借りられない金額を借りては返せなくなって破産や自殺などが相次ぎました。
そこで、利用者を守るために、政府が制定したのがこの総量規制なのです。

h2 急ぎでお金を借りる前に「キャッシング」と「カードローン」の違いも知ろう

急ぎでお金を借りる前に知っておきたいのは「キャッシング」と「カードローン」の違いです。
一見同じように見えますが、違いはとてもカンタンです。
分割で返せるのが「カードローン」で、一括返済が基本なのが「キャッシング」です。
キャッシングは金利が最小限で済みますが、返済時の負担は大きいですよね。
逆にカードローンは返済期間が長くなればなるほど金利がかかってしまいますが、一回一回の返済時の負担は小さくて済みます。
どちらにも良いところと悪いところがありますので、自分にとってベストな方法を選択しましょう。

h2 郵便局(ゆうちょ)でお金を借りることはできるの?

おなじみの郵便局でお金を借りられたら・・と思うかもしれません。
以前は、スルガ銀行と提携してカードローンのサービスを提供していましたが、スルガ銀行の不正を受けて、今はやっていません。
それ以外にも、郵便局では3種類の融資制度があります。
しかしその3つともが担保が必要なタイプなので、自分の財産や国債などを担保にする必要があります。
つまり担保がなければゆうちょからはお金を借りることはできないのです。。

h2 緊急時にカードローン以外でお金を借りる方法

緊急時にカードローン以外でお金を借りる方法はあるのでしょうか?
裏技的な手法ですが、「バンドルカード」というプリペイドカードを利用してお金を借りる方法はないこともありません。
バンドルカードのアプリを利用して、アマゾンギフト券を購入し、それをネット上の金券ショップで換金するというものです。
しかし、デメリットのほうが多すぎるのでおすすめできません。
理由を一覧にしてみましょう。

「バンドルカードでお金を借りるデメリット」
・手数料がかかりすぎる。
・2万円分借りたとしても、あちこちに手数料がかかりすぎるので、すべてが現金になるわけではない。
・金利が高い
・返済は分割不可。一括のみ。
・アプリからアマゾンギフト券を購入して、ネット上の金券ショップで換金するという手間がかかりすぎる。

ざっと挙げただけでもこれだけのデメリットがありますので、おすすめできません。
最終的な緊急手段として覚えておく程度で良いでしょう。

h2 急にお金が必要になったとき未成年はどうやってお金をつくるべき?

急にお金が必要になったとき、未成年の方はどうやってお金を作るべきなのでしょうか?
先にご紹介したとおり、消費者金融や銀行は20歳以上でなければ借りられません。
しかし、未成年がお金を急ぎで借りたい時は、クレジットカードのキャッシング枠という手があります。

以下が、未成年でも作れるクレジットカードです。
このキャッシング枠を利用すれば未成年でもお金を借りることができます。

・三井住友VISAデビュープラスカード
18歳〜25歳が対象で、年会費も無料。キャッシング枠が5万円分ついた学生専用の三井住友VISAカードです。

・ライフカード(学生専用)
こちらも5〜30万円までのショッピング枠と、10万円までのキャッシング枠がある学生専用のカードです。
高校生は不可ですが、18歳〜の学生さんが利用できます。

ちなみに、質屋も検討される方もいるかも知れませんが、年利が96%のところもあったりしますので、おすすめできません。

また、闇金も多いので甘い誘い文句には絶対に乗らないようにしましょう。
聞いたこともない所から借りるのは危険ですので、それならせめて親に頼んでみましょう。
しかし友達から借りるのは、大きなトラブルに発展する可能性があるのでやめておきましょう。

h2 急ぎでお金が必要なときに気をつけたいこと

急ぎでお金を借りる前に、気をつけておきたいことを覚えておきましょう。
いくら急いでいるからと言って、在籍確認なしや審査なしなど、普通ではありえないようなことをうたっているところは絶対に選ばないようにしましょう。
名前を聞いたこともないところは避けておいたほうが無難です。
CMなどでよく見る名前のところは、ちゃんと法律に従って営業している正規の大手業者ですので、そこから借りるようにしましょう。
審査をしないところは存在しませんので、そのような誘い文句は全て闇金の証拠です。
犯罪の片棒を担がされたり、借りた額より高い金利を払わされたり、危険な目に遭う可能性が高いので、急いでいるときこそ落ち着いて借入先を選びましょう。

h2 まとめ

いかがでしたか?
とにかく急ぎでお金を借りたい方のために必要な情報をリサーチしました!
急いでるときこそ知っておきたいことがたくさんありましたね。
間違いないのは、CMでよく見る大手の消費者金融で借りるほうが、最も速く、確実に、安全に借りられるということです。
30日間の無料利息期間を上手に活用すれば金利もかかりませんので、ぜひ参考にしてくださいね。
急いでいても、ご利用は計画的に!(*^^*)

更新日: